読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いちじく山 ▲△▲ 暮らし

摩訶不思議の国の絵描きAyaの犬と猫とアートな日々。

考えは天使のように飛び回っている

『愛その他の悪霊について』で登場人物が言ったセリフが響いた。

 

「考えというのは誰のものでもないんだからね」

「そこらじゅうを飛び回っているんだ、天使のようにね」

 

そうそう!だよね~♡

素敵な表現するなぁ!だからガルシア・マルケスさん大好き♡\(*^▽^*)/

 

「考え」とか「価値観」って言葉を

私は、たいてい他者との間に境界線を引くときに用いる。

お互いの、自由を尊重したいために。

でも、それは時として過剰防御になっちゃうんだよね。

相手を締め出してさ。

どっちが正しい、とかなっちゃって。

 

でも、「私の考え」なんて所有物は本当はなくて

ただフワフワと、あっちこっちに飛び回ってるものだ。

 

私が大事にしたいのは、

そこらへんを漂ってる考えをキャッチした時の自分の「今この瞬間の感覚」

そっちにフォーカスすることだ。

それが、ブレない自分の軸だ。

 

あったかいかな?

キャッキャしてる?

ひえびえしてる?

キューってしてる?

 

自分の感覚に従ってたら

考えだって、好きなものだって、性格だって

その時々で、あっさり変わこともある。

でも、ブレてない。

いつも自分に中心があるから。

 

だから、自分が

「しっかりした意見・考えを持っている」

って時、

「意見」や「考え」を所有物だと感じ、執着してないか?

自分と同化させてないか?

を疑う視線って、必要だ。

ふと気づくと、自分(や相手)の考えに縛られて、

すんごい窮屈になってたりするんだよね。

なんか、ロボットみたいになっちゃう。

最近も、それやっちゃって(^ω^;)

そんな考え貫いても、虚しいだけだなぁって思った。

自分じゃないもの。

 

いつも柔らかくあること。

たとえ状況がうまくいかなくても、

ハートの声に耳を傾けて、自分に正直でありたい。

これ全部、自分に言ってます。

 

今は、そういうやり方の発信をしている素敵な人たちが

たくさんいるから、嬉しい。

好みの人、ちょっと違和感を感じる人もいながら、

いろんな人の意見を見て、試行錯誤し、揺れることで、

「じゃあ、私は」を探ることができる♪

でも最後は、ちゃんと自分で噛み砕いて

自分の言葉で伝えなきゃ伝わらないよ、と教えられる出来事があって。

それで、このブログを書いています。笑

 

でも、ここまで書いてきたことを覆すようだけど

ある特定の考え・価値観にぴったり寄り添って生きる人もすごいと思う。

その人は、その人で、ブレてないんだろうね。

私と同じ考えの人ばっかりでも、面白くないしね。

(まぁ私は圧倒的に少数派な気がしてるけど。笑)

結局のところ、考えって、それぞれの人の趣味嗜好がモロに出てるだけなんだ。

 

↓うちにもいっぱい咲いてる、アルストロメリア

 南米原産で、わたしの好み♪

f:id:figmountain:20160712201150j:plain