いちじく山 ▲△▲ 暮らし

動物絵描きAYAの摩訶不思議な日々。

ポエティックマネー

キャッホー!

ホドロフスキーからポエティックマネーが届いた~♡

心が蝶になって羽ばたきそうです♪

映画の最新作に出資して、いただけたものの一つです。

この通貨は、物質とは交換できなくて、

唯一交換できるのは、世界に存在する詩なんですって♡

 

f:id:figmountain:20160823213106j:plain

 

それぞれの紙幣に、詩が書かれてあります。

気に入ってるフレーズは、

 

お金は血液のようなもの めぐりめぐれば命のもと

お金はキリストのようなもの 分け与えれば祝福される

お金はおんなのようなもの 愛せばその身を投げ出してくれる

 

このお金は、私の人生で何倍にもなるんだって♡

やった~!\(*^▽^*)/

 

ホドロフスキーのこういう発想が大好き。

彼の作品も素晴らしいし、存在自体がぶっ飛んでて、めっちゃくちゃ真剣で、ユーモア満載で、本当に素敵。

今回の映画「エンドレス・ポエトリー」と前作「リアリティのダンス」の原作になった自伝『リアリティのダンス』は、映画と似てるけど全く違ってて、これまたすんごくいいの!

前作「リアリティのダンス」もね、主人公のお母さんが話す言葉は全てオペラ調だとか、世界観といい、色彩といい、内容といい、最高。

 

でも、人にまずオススメするとしたら、「ホドロフスキーのDUNE」っていう

未完成の映画「DUNE」についてのドキュメンタリーやね。

彼の素晴らしさと、クリエイティブの喜び、生きる喜びが炸裂してる!

 

彼の言葉で、私が特に好きなのは

「宇宙は神の笑いだ!」

ってやつ。

聞いた時、心が軽くなって、パアッと広がった!