いちじく山 ▲△▲ 暮らし

動物絵描きAYAの摩訶不思議な日々。

金色の道を歩く

 

Aya流の幸せへの最短距離の見つけ方。

(あくまでも私の感じ方のまとめです。

真実や正解は、人それぞれ。

好きじゃなければスルーしてくださいね☆)

 

 

私のイメージでは

☆*:.。. まだ到達していない、

私の思い描く幸せな未来 .。.:*☆がずっと先にあって

それに向かう☆*:.。. 金色の道 .。.:*☆が、足元からずーっと続いている。

 

でも、私たちは小さな明かりしか持ってなくて

目の前の一歩しか見えないようになってる。

 

f:id:figmountain:20170721151047p:plain

こんな感じ。

 

そりゃ、迷うでしょ。w

その一歩をどうやって、どっちに行けばいいか見分けるのかというと

自分の感覚や感情で見分ける。

周囲の人は、たとえ家族であっても恋人であっても、

あなたではないので、あなたの幸せを教えてくれはしません。

冒険の羅針盤は、自分の感覚だけ♡

 

 

幸せっていうのはつまり

愛とか喜びとか満足とか安心といった感覚のことで

そこへ至る道を歩いていると、その感覚があります。

たとえば

ポカポカしたり、ルンルンしたり、ドキドキしたり、

ワクワクしたり、ホッとしたり、悪くないな、という感じかも。

(私はそう。人それぞれの感覚。)

 

一歩でも道を外れるとすぐに「ん? (・ω・)フ 」という違和感がやってきます。

その時点で、立ち止まって、元の道に戻ると、話は早い。

 

でもたいてい私たちは、

自分の感覚より、

自分の外側の人や出来事にフォーカスしているので

自分の感覚を見逃します。

 

そのままどんどん突き進む。

自分の道からずれた状態で、ずれた言動をするので

ずれた反応が返ってくる。

違和感は、どんどん大きくなって、

やがて強い不快感となったころ、

ようやくハッキリと「なんかすごい不快なんですけど。(´Д`|||)」と認識します。

 

そこで立ち止まる。

あ、自分の道から外れてた。と思い出す。

 

リラックスして、不快感を解放する。

感覚を自分に戻して、少しずつ、

目の前のことから、自分が心地よいことをやり始める。

そうすれば、いつでもどこでもどんなタイミングでも

自分の道に戻ってやり直すことができます。

 

 

で、当然、金色の道だけを歩きたいと思いますよね。

でも、実は自分で、人生ゲームを面白くするために

障害物を色々と設定しています。スリル大好き♡w

 

それが、許せないことだったり、ダメだと思ってることだったりする。

根っこには

自分は幸せになっちゃいけない。とか、豊かになる価値がないとか。

自分への制限。

自分への恐れ。

でも、その障害物は、ちゃんと感じてあげたら消えます。

そうしたら、私たちは、ただの愛と可能性のカタマリ。

 

でも、感じたくないから、見たくないから、迂回しようとする。w

すると、道をはずれる。ww

えー私、ほんとに何度も何度もやってます。

危険運転。w

道をはずす達人。(●´艸`)w

でも、大丈夫。

人生の道は、どこにいても、また戻ってこれるから。

 

金色の道は、いつも私たちを待っていてくれてる。

「こうすれば、気持ちがよくなるよ。

 ここを歩けば、幸せになれるよ」って

それはとても小さな声だけど

いつも気持ちよい感覚で、呼んでくれてる。

 

ちなみに

自分の道からはずれると、失敗した!と思うかもしれませんが

そんなことはない。

そうやって、何度も何度も自分の道を外すことで

外した感覚と、戻る感覚がわかるようになってくる。

どんどん、より早く、違和感に気づけるようになります。

ただのスキルアップ

失敗はありません。

安心♡

 

 

*・゜゚・*:.。..。.:*・'*・゜゚・*:.。..。.:*・'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

↓セッションもやってます。よろしければ☆

 

figmountain.hatenablog.com