いちじく山 ▲△▲ 暮らし

摩訶不思議の国の絵描きAyaの犬と猫とアートな日々。

衝撃の言語感覚『やし酒飲み』

 

最近、親友が二人できました。

 

一人はゲーテ

そしてもう一人が…エイモス・チュツオーラ!!!\(*^▽^*)/

 

『やし酒飲み』の著者です。

もう、読んでて、嬉しくて、しあわせで、

食べたくなって、かぶりつきそうになるくらい大好き♡

て思ってたら、ハバちゃんが本くわえた。w

わかるんだね~。(๑˃̵ᴗ˂̵)و

 

f:id:figmountain:20170801205814j:plain

 

とにかく1ページ目から衝撃(笑撃)が止まらない!!!

固定観念をぶっ壊す、自由で力強い文体。

とにかくユニークすぎる人々と生物たち。

何もかも全肯定しちゃう、笑い。

もう何回吹き出したことか。

 

もうさ

言語感覚が半端ないの。

例えば、この見出し。↓

 

f:id:figmountain:20170801210014j:plain

 

「完全体の紳士、頭だけになる」

*・゜゚・*:.。..。.:*・ヽ(´▽`)/’・*:.。. .。.:*・゜゚・*

完全体の紳士って、なんだwww

頭だけになるって、なんだwww

 

 

そして

そして

 

謎のジュジュ!!!\(*^▽^*)/

 

ジュジュというのは魔法みたいなやつでね。

 

私がいつも唱えている通り(あ、ブログでは言ってないかw)

魔法は、自分に力を与えてくれるもの。

 

無意識に身にまとっていたり

意識的に身にまとったりできる。

色や、音や、言葉や、香り、手触り…

なんだって魔法になる。

 

しかも、自分でルールを決められるし、変えられる♪

どこまでも都合がいい存在♡

(私はそう思ってます♪)

だったら、魔法を使った方が絶対、楽しいと思うのよね。

 

ジュジュもそんな感じで

なんか自由。ヽ(´▽`)/

 

ほら、普通、ファンタジーとかだと

魔法がもっとちゃんとしてるでしょ?

そうじゃなくて、なんかすごく、

いい意味でいい加減ヽ(´▽`)/

 

この本は、忘れかけていた、そんな魔法の力を思い出させてくれる、

力強いジュジュをまとっている!!!( ✧Д✧) カッ

 

 

 

それからもう一つ、キャッホー!ってなったのは

「縄張り」意識。

 

『やし酒飲み』に登場する生物たちは縄張りを厳守する。

 

境界線を引く、ということは

ネガティブな意味で使われることもあると思うのだけど

私は、すごく大切なことだと思っています。

 

小さい頃からずっとペットがいる暮らしだったし

動物関係の仕事をしていたこともあって

動物から、たくさんのことを学びました。

 

その中で、動物たちが

縄張り(テリトリー)をとても大事にしている姿に

ハッとさせられたことがあります。

 

犬や猫を観察してると

目に見えない、境界線のようなものが見えてくる。

 

お互いに、踏み込んでいいところ

これ以上はダメだというところ

 

「それを尊重できるかどうか」が、決定的な衝突を避けるポイント。

 

経験豊富な犬や猫は

それをちゃんとボディランゲージで伝えるし

あんまりしつこいと

相手に伝えるのに一番適切な大きさで、警告する。

そのサインは、すごく小さな、一瞬の、目線ひとつだったりする・・・

 

それはもう、美しいとしかいいようのない礼儀正しさ。

動物は、すごく礼儀正しい。

形だけの礼儀じゃなくて、自分を生きることに

とてもまっすぐな、礼儀正しさ。

 

 

縄張りは、互いを隔て、内側に閉じこもるためのものじゃない。

自分を大切にしながら、

他者と交わるためのものだ。

無駄な傷つけあいを避けるために

互いを守ってくれるもの。

 

 

でね

私は、自分と他者の心の間に、境界線を引くようにしてます。

境界線を曖昧にしてると

誰かといても、相手の考えや感情を無意識に取り込んでしまう。

それは、時として

自分にとって、毒だったりする。

 

相手のちょっとした自己否定の言葉を、

「うんうん、そうだよねー」ってそのまま取り込むと

もう、自分の中で自己否定モードに入っちゃいます。

自己否定は、あなたの内側からじわじわ元気を奪っていきます。

 

でも、境界線を引いていたら

「ふーん。この人はそうなんだな。私はどうかな」とか

「おおっ、この人のこの言葉に私の感情が反応したな。私はどう感じたの?」

などと、相手のエネルギーに引きずり込まれずに

自分の中心にとどまることができます。

 

自分の感情や、コンディションを、他人よがりにしない。

「自分」を確立する。

そこから、本当の「人と人との関わり」が始まると思っています。

 

 

 

『やし酒飲み』の話に戻りますが

あとね、

なんといっても素敵なのは

出てくる生物がみんな、めっちゃ真剣に自分を生きてるんだよね。

 

「やし酒飲み」はやし酒飲むことしかしないし

「借金する人」は借金することしかしないし(ビタ一文返さない)

 

他人からしたら

「え、そこ!?そこにこだわる!?Σ(・ω・ノ)ノ」

っていうところに

並々ならぬ自信をもって

相当なプライドを持って

堂々と、そう主張する。

 

これも、縄張り意識と通じるけど

「自分」の流儀を貫くことが当たり前。

 

それゆえ、他者とぶつかることもあるけど

「そりゃ、そーゆーもんだ」という大らかな理解の中で

必ず、解決策というか、第三の道というか

時にはジュジュだったり、死後の世界だったりw

何かしら突破できる道があるから

なんとなく、うまく回ってる。w

 

 

なんか、気持ちが楽になりませんか?ヽ(´▽`)/

私は体の中にエネルギーがフツフツと湧いてきました。

 

もう、自分とジュジュと縄張りさえあれば

人生の冒険はやっていけるやーん!(๑˃̵ᴗ˂̵)و

って思ったよね。

 

 

まだまだキュンキュンポイントがいっぱいあるんだけど

止まらないから、このへんで。(●´艸`)

 

 

『やし酒飲み』

自分だけ幸せになったら悪いな、とか

迷惑かけちゃったら申し訳ないな、とか

罪悪感を抱えて、気を使って生きてる人には

「自分」を確立するのを応援してくれる本だと思います♪

 

 

あ、フツーに何も考えずに読んでて面白い本です。w