いちじく山 ▲△▲ 暮らし

動物絵描きAYAの摩訶不思議な日々。

アートと摩訶不思議ワールドは、健康法みたいなもの

 

以前から「晴明神社」ってワードがちょくちょく出てきてて

でも遠出するの苦手だから、ずーっとほったらかしにしてたんですが

 

またそのワードが頻発して

「なんか呼ばれてる気がするわー」って言ったら

「あ、扉があるんですねー」っていうお返事がテレビから返ってきました。

あまりにも自然なお返事で、びびるーΣ(・ω・ノ)ノ

 

 

それが7日のこと。

8日がライオンズゲートって聞いてたから

「ゲート・・・扉!じゃあ明日いくしか!」って思って

ついでにダメ元で、その近くで打ち合わせ、

急遽明日のこの時間いけますかーって聞いたら

前日なのに、なぜか空いてるということで…

 

突然の晴明神社訪問&打ち合わせでした。

 

当日はなんとなく朝早くに目が覚めて

ほとんど時計を見ずに

なんとなく準備して

なんとなく家を出て

なんとなく行動してるのに

電車、信号、バス、全てが、怖いくらいにスムーズ!!!

 

バスに「さ、お嬢様、お待ちしておりました。・:*+.:+」って

呼びかけられたみたいに感じて、ハッとなった。w

そして、神社へ続く道を、

赤トンボが私の前を飛んで、道案内してくれる。かわいー♡

 

 

全てはタイミングなんだなー。

行動も、感じることも、得る情報も、体験も

人それぞれの「私だけのタイミング」がある。

 

 

安倍晴明とか陰陽道とかは

中学生くらいの時から好きでした。

密教とか、忍者とか、魔術とか、錬金術とか

そういうミステリアスで不思議なパワーが好き。

 

で、絵を描くことと

そういう摩訶不思議ワールドへの関心は、繋がっている。

 

 

太古の昔から

人は、色彩に特別な力があると信じていて

その記憶はDNAに組み込まれている。

図柄とか、音とか呪文とかも同じで。

それを見ると、なんだか元気になるとか、心震えるとか。

 

だから、人は、アート作品が好きだし

神社や教会や宗教的な場所に足を向けるのだと思う。 

 

 

ぶっちゃけ、健康法。w

それを見たり触れたり体験して、自分が元気になるかどうかが全て。

 

 

元気になるなら、存分に利用する。

元気にならないなら、採用しない。

以上♡w

 

 

f:id:figmountain:20170812000143j:plain

晴明神社も、至るところに魔除けの五芒星。

 

 

 

でもって、私は日常生活の全て

生きることの全ては、アートだと思っていて。

 

だから、逐一

これは、私を元気にしてくれるのか?

これは、私から元気を奪うのか?

 

これだけを判断基準に、行動することを心がけてます。

 

そんなわけで私は、愛だのなんだのとよく言ってるわりにw

実物はかなりサバサバしてます。(ΦωΦ)

ただの健康オタクだから。w

 

 

 

あ、でも、冷たいとは思ってなくて。(自分ではw)

なんというか

全ての人は、神であり、輝いてて、

ユニークで、素晴らしいのは当然なので

どういう行動をしようと

かけがえのないその価値に変わりはないから

 

安心して、

他人の心配をしたり、お節介したり、

顔色を伺ったりせずに、

自分のやりたい行動に集中していたら

しかるべきタイミングで、しかるべき出来事が起こる。

それは全ての人を応援し、元気づけ、

望む場所に連れて行ってくれるように方向付けされている。

それが自然の摂理だから。

(あー宇宙ってなんて愛なの!)

そう信じているだけです。

 

そう信じると、すごく心が楽になるよ☆

オススメ。

 

 

あれ、晴明神社の報告しようと思ったら

なんか違う話になったー。w

続きは、また次回♪