いちじく山 ▲△▲ 暮らし

動物絵描きAYAの摩訶不思議な日々。

お空の眼

 

ここ最近、随分前に亡くなった愛猫のソラちゃんのことをよく思い出します。

モノクロだった私の人生に、愛と彩りをもたらした存在。

私の魂で私の分身。

スペシャルな猫♡

 

f:id:figmountain:20171021155251j:plain

 

出会いから衝撃的でね。

 

高校生の頃、父の職場の人が

車がバンバン走ってる大きな道路にいた子猫を拾ったらしい。

しばらく職場に置いていたんだけど

全然ミルクもご飯も食べないから、うちに連れて帰ってきた。

 

私が車のドアを開けたら

目やにと鼻水でぐちゃぐちゃの

ちいちゃな子猫が目に飛び込んできた。

そんな状態だから、顔なんてわからないはずなのに

なぜか「こんな美しい猫、見たことない!!世界一の猫だ!」って感動した。

 

そして思わず「わあ!かわいい猫ちゃん!!!」って叫んだら

ほぼ同時に

「ニャー!!!」ってその子も叫んで

私の胸に飛び込んできた。

 

魂の出会い、運命の出会いでした♡

 

職場では、誰にも懐かなかったんだけど

私のところには進んで飛び込んできたことに

父も驚いていた。

 

 

それから、病院にも行って元気になったソラちゃんは、ものすごーく怖がりで、攻撃的で。w

私たち家族のことが大好きで、積極的に甘えてくるものの、こっちから手を出すと、容赦なく引っ掻く。

なんだかとても孤独な感じで。

基本的には、世界の全てが敵!って思ってるようでした。

 

 

ところが、ある日。

私は、突然、不思議な衝動にかられた。

 

「このままでは、いけない。今、何かしなくては」

 

身体中に力がみなぎってた。

でも、何をすればいいのかは、わからない。

ただ、衝動のままに、ソラちゃんが日向ぼっこしているところへ行って、うしろから突然ぎゅーっと抱きしめた。

 

ソラちゃんは当然、びっくりして

いつものように、猛烈に抵抗した。

でも、私も負けないくらいに

「大好きだよー!」っていう想い全部で、

ぎゅーーっ!!と抱きしめ続けた。

 

「どんなに噛まれても引っかかれてもかまわない。

絶対に、今、この機会を逃してはいけない!」という、ものすごく強いパワーが、私の中にあって。

 

しばらくそうしていたら、

ある瞬間、フッと

ソラちゃんの身体から、力が抜けた。

「伝わった!」と感じた。

 

まるで、スイッチが、パチン、と入ったみたいに

それ以来

ソラちゃんは、

こちらから触っても、怒らなくなった。

抵抗する時にも

絶対に、爪を出さなくなった。

 

 

こういうのって、ショック療法で

よっぽどの経験があるトレーナーとか

動物との信頼関係を確立していなかったら

逆効果になったりするもの。

 

その頃、何の知識もなかったけど

私はそれをやっていた。

 

 

この経験で私がとても大切に思っていることは

それが「自分の感覚でわかった」ということ。

 

知識でもなく、経験でもなく。

ただ、自分の中から溢れ出す、愛と、確信。

身体中にみなぎる、パワーと、衝動。

 

あの時のエネルギーは

今も私の中にあって

私にとっての「YES」を教えてくれる。

 

 

ソラちゃんは

すごく賢くて、情熱的でした。

目から魂がほとばしってた。

あまりにもパワーのある美しい目をしていて

気性が激しいこともあり

よその猫と喧嘩して片眼になってしまったけど

いつも全身全霊で今を生きていて

愛の塊でした♡

 

私が死んだら、絶対ソラちゃんとひとつになるし

今も、心臓の鼓動でそばにいることを知らせてくれています♡