いちじく山 ▲△▲ 暮らし

動物絵描きAYAの摩訶不思議な日々。

E= コンヤ、キミノ

 

吉俣耕二・E= コンヤ、キミノ

with ミナトノヨーコ

に行ってきました☆

あー面白かった!!!\(*^▽^*)/

 

もう笑いすぎてお腹よじれた。

天才最高。

 

f:id:figmountain:20171110211000j:plain

Bar「巨乳山脈」にて。w(●´艸`) 

 

思えば、かれこれ十数年前になる。

演出家のミナトノヨーコさん、吉俣さんとの出会いは、私の人生をぐぐっと豊かにしてくれました♡

このお二人と一緒に飲んでると、めちゃくちゃ面白いのです。

なにせ読書量が半端ないお二人。

想像力の豊かさと、ユーモア満載。

楽しくて、笑いが止まらない。

 

ところが、今回、展開されてることは

いつもの「笑笑」(当時はいつも笑笑で飲んで、合言葉みたいになってたw)みたいなんだけど、いつかの「Bar 巨乳山脈」で、私は観客として(野良猫としてw)みてる。

 

そして、二人の思い出話に、そっと、過去のリピート再生ではない何かが入って来ていることに気がつく。

天使や、大蛇や、ニューヨーク…世界が、他の次元が、ひらめくのが見える。

 

何かが死んで

何かが蘇って

混ざって

変化して

今に繋がり

今が変わって

過去が変わって

「今」未来も変わっている。

 

なにか大きな奇跡も

なにか大きな達成も

特別な時間に行われるのではなくて。

ごく普通の日常の「今」の連なりの先にしかない。

、この瞬間、全てが創られている。

 

って思ったよ。(あくまで私の感想ですw)

 

ひぃ~!やっぱりこの人たち天才だな!(☉∀☉)

天才会議だね。

でもきっと本当は、私たちみんな天才。

ひらけゴマ、ならぬ、ひらけ天才〜☆♫ ٩☆♫ ٩(*^ω^*)۶♫ ★۶♫ ★

 

 

で、翌日ふと、あることを思い出した。

ずっと前に、私の絵を買ってくれた方が亡くなって、

その時のままになっているその方の寝室に

私の描いた愛猫ソラちゃんの絵が飾られていたそうです。

 

たしかに、たしかに。

私はバトンを受け取っている。

過去も、未来も

全部が、今、生きて、ここにある。

 

* * * * *  

 

そうそう、先月、超多忙だったのでレポできなかったんだけど

前回のE=  LOVE胡椒  with ヒラタユウイチ & ナカノサヤカもすごーく面白かった!

 (写真まで撮るの忘れてたー!(´;ω;`))

 

ヒラタユウイチさんとナカノサヤカさんと吉俣さんが

3人一緒に自分の音楽を演奏しているという。

同時に、だよ。w

自分の、だよ。w

 

カオス。www

 

 

バラッバラだったり

突然、妙に合って、全員しっとりしてたりw

しかし吉俣さんはずーっと「バナナ」しか言うてないという。w

ほんっと可笑しくって、なんか妙に幸せで、満たされて、いっぱい笑った♡

なぜか私には、ずーっとジャングルと運河が見えてた。

わけわからんのに、すごく濃厚で、贅沢な時間だった。

 

この時、思い出した感覚。

小さな頃、お人形の家を持ってたんだけど

普通に使うことに、すぐに飽きてしまって。

家を横に倒したり、仰向けにしたりしたら、

いつもの景色が変わって、急にワクワクしてくる。

なにか楽しいことが起こりそうな気がする。

そういう新しい発想が生まれて来る時のワクワクと似た感じだった!

 

 

ほんと、E=は面白いわぁ。

前に「1回たりとも、同じようなものにはしない。」って吉俣さんが仰ってて

「そうは言っても、まぁそんなことはないでしょ」って思ってたら、本当に全部違ってる!w

次も楽しみだ~♪

 

よろしければぜひ、足をお運びください☆

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

 

*・゜゚・*今後の予定*・゜゚・*

 

吉俣耕二・E=

at イカロスの森 

act call 20:00

 

スケジュール

2017年

12月13日(水)君は海を見たか?

2018年

1月10日(水) i

2月14日(水)アポジーとペリジー

3月14日(水)月と六ペンス 

4月11日(水)淼々と with Aya Nishimura

 

 

フライヤーのイラスト&デザイン担当させていただきました♡

なんと吉俣さんの小説が入った前代未聞・超豪華冊子♪

↓以下から無料でダウンロードしていただけます。(๑˃̵ᴗ˂̵)و

「吉俣耕二・E=」ブックレット(6.4MB)

http://bcaweb.bai.ne.jp/solamame/e_booklet.pdf

http://bcaweb.bai.ne.jp/solamame/e_booklet.pdf

 

 吉俣さんのサイトはこちら↓

umiyamaneko.thebase.in